下絵付け お月見

いつもお立ち寄りありがとうございます(^^♪
地元でポーセリンを教えています
作家として活動中のNoriko。です
皆さんに暮らしの中で楽しく使えて、
ほっこり和むような器つくりを提案したいと思っております

いつも上絵付けを描いていますが
習い始めて20代の頃 下絵付けで描いたものを出してきました
けして上手じゃありませんが
この時はお月見を思って描いたんですかね
もっとお月さまを大きく描けばよかったと後悔~
下絵のゴス筆で描くのがとにかく難しい
けど、下絵は 上絵とまた違う温かみがある作品になりますね

e0202296_23173170.jpg



この下の写真は 鍋島の大先生に染付けを教えていただける
よいチャンスに恵まれ
その時のものです・・・・

まず本焼き前の下絵を描くことに
沢山の絵柄から なぜか 私はひょうたんを選びました
6つの瓢箪の絵柄で 先生のお聞きしたところ 六瓢箪で「むびょうたん」といって
無病息災のお守りとして縁起がいい柄だそうです。
そういえば知り合いのお宅に六瓢箪が かざってあったのを思いだしながら
描いてみましたが 
これまた難しい~ 上絵の筆と違うので 悪戦苦闘でした
とてもいい体験でした

e0202296_23193316.jpg
日々の出来事
アート・デザイン

[PR]
by n7o8r9i0ko | 2017-09-07 23:21 | ポーセリンアート | Comments(0)

綺麗・可愛い・楽しい・幸せ!日記


by n7o8r9i0ko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30